箱根駅伝予選会 2023の日程とコースは?ライブ配信、テレビ中継は?予選会が3年ぶりに市街地へ。

第99回箱根駅伝の予選会が決まりました。
箱根駅伝2023の予選会は、3年ぶりに市街地を経由する従来のコースで行われます。
コロナで立川駐屯地周回コースの年が続いたので、待望のコースが復活です。
日程やコースなどをあらためて確認していきましょう。

出場校は決まり次第追記します。

箱根駅伝予選会 2023 日程は?コースは?

第99回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会

2022年10月15日(土) 午前9時35分スタート
コース:陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街地~国営昭和記念公園
競技:ハーフマラソン(21.0975km)

3年ぶりに陸上自衛隊立川駐屯地をから市街地を通り、国営昭和記念公園までのハーフマラソンで競います。

昨年、一昨年は立川駐屯地を集会するコースでしたが、こちらは平坦に見えて微妙な坂だったようです。

画面ではわからないですよね。

今回は例年通り、駐屯地内を周回してから市街地へ、そして昭和記念公園がゴール。

最初の周回で位置取りをし、公園内では起伏を攻略するという難しいレースです。

それがまた見ごたえがあり、予選会の面白さでもありますね。

周回コースとは違う戦略を各校はとらなければなりません。

箱根駅伝予選会 2023のライブ中継は?

例年、テレビ放送があります。

日テレ地上波での放送は関東ほか限られた地区

TVerでみられるかと思いますが、決まり次第時間などもお知らせします。

 

箱根駅伝予選会 2023 参加資格などの要項は?

・関東学生陸上競技連盟登録者(男子)であること

・予選会、本大会の出場回数が4回未満であること(エントリー含む)

(大学院競技者は新たに4回まで出場できる)

・1校1チーム、エントリーは10名以上14名以下

・2021年1月1日から2022年10月3日までにエントリー者全員が10000m34分以内の公認記録を持っていること

・スタートの並び順は、第98回箱根駅伝、予選会の順位で決める。その他の大学は10000mのタイム順。

各校、登録選手の中から10人〜12人が出場し、上位10人の合計タイム順位が決まります。
上位10校が本戦の出場権を獲得。

 

箱根駅伝予選会 2023の出場校は?

エントリーが分かり次第追記します。

例年は45校以上の大学がエントリー、初出場する大学があるでしょうか?

いろいろ楽しみですね。

 

第100回箱根駅伝予選会について▼

箱根駅伝全国化は数年前から検討されていた!第100回箱根駅伝2024予選会は全国から出場可能に
箱根駅伝第100回大会は、全国から出場可能になるというニュースが出ましたね。 ふと、数年前からそんな話があったと思い調べつつ箱根駅伝100回大会はどうなるのか調べてみました。 いろいろな意見も見ていこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました