日本選手権陸上 2022 5000mのスタートリスト、放送、日程、出場選手は?標準記録や見どころなど。遠藤日向、松枝博輝、塩尻和也、佐藤圭汰

第106回日本陸上競技選手権大会 5000mについて書いています。
日本一を決める大会に出場するメンバーは? 標準記録は?
注目選手は?
情報があり次第追記していきます。

日本選手権陸上 2022 5000mの日程は?

日本選手権陸上2022は、2022年6月9日〜12日の期間で行われます。

大阪 ヤンマースタジアム長居

5000m決勝は2022年6月9日(木)19時30分〜

日本選手権陸上 2022 テレビ放送は?

NHK BS1・BS102・総合テレビ

●第1日:6月9日(木)
BS1:午後6時00分~午後8時00分

●第2日:6月10日(金)
BS1:午後6時30分~午後7時30分
総合:午後7時30分~午後8時42分

●第3日:6月11日(土)
BS1:午後3時30分~午後4時00分
総合:午後4時00分~午後6時00分

●第4日:6月12日(日)
BS1:午後3時30分~午後4時00分
総合:午後4時00分~午後6時00分

 

日本選手権陸上 2022 5000m 参加標準記録は?

日本選手権5000mの参加標準記録は、13分36秒00と。

ターゲットナンバー(出場人数)は30人。

エントリーした上位タイムの選手から選ばれます。

世界陸上への出場を目指す年であることもあり、上位3名に入ることも熾烈な戦いとなっています。

 

日本選手権陸上 2022 5000m エントリーリスト

スタートリストは前日に発表されます。

5000mは6月9日 19時30分スタート

吉居大和選手、藤本珠輝選手は欠場です。

選手名所属資格記録自己ベスト
遠藤 日向住友電工13.10.6913.10.69
ギデオン ロノ (オープン)GMO13.16.5113.16.51
 塩尻 和也富士通13.16.5313.16.53
 砂岡 拓磨コニカミノルタ13.19.9613.19.96
 清水 歓太SUBARU13.22.2513.22.25
 佐藤 圭汰駒澤大学13.22.9113.22.91
 小袖 英人Honda13.23.9413.23.94
 キサイサ レダマ (オープン)カネボウ13.25.0013.25.00
 松枝 博輝富士通13.28.2613.24.29
 羽生 拓矢トヨタ紡織13.28.8213.28.82
 吉居 大和中央大学13.29.3513.25.87
 服部 弾馬トーエネック13.29.6513.29.65
 鈴木 塁人SGH13.29.8013.29.80
 大六野 秀畝旭化成13.31.0213.28.61
 茂木 圭次郎旭化成13.31.0813.31.08
 塩澤 稀夕富士通13.31.3113.31.31
 坂東 悠汰富士通13.31.4613.18.49
 千明 龍之佑GMO13.31.5113.31.51
 丸山 竜也トヨタ自動車13.31.5913.31.59
 横手 健富士通13.31.5913.31.35
 竹内 颯中央発條13.31.7313.31.73
 藤本 珠輝日本体育大学13.32.5813.32.58
 服部 大暉トヨタ紡織13.32.9813.32.98
 池田 耀平カネボウ13.33.6713.33.67
 阿部 弘輝住友電工13.33.7413.33.74
 篠原 倖太朗駒澤大学13.34.2813.34.28
 鈴木 聖人旭化成13.34.9113.34.91
 山口 智規早稲田大学13.35.1613.35.16
 伊藤 大志早稲田大学13.35.7013.35.70
 森山 真伍YKK13.35.9013.35.90
 野中 優志大阪ガス13.35.9413.35.94

日本選手権陸上 2022 5000m スタートリスト

日本選手権陸上 2022 5000mのみどころは?

大学生

駒沢大学から佐藤圭汰選手と篠原倖太朗選手が、早稲田大学から山口智規選手、伊藤大志選手など、戦力となる選手が出場します。

彼らはトラックレースでの成績はもちろんロード(駅伝シーズン)に向けて期待される下級生たち。

佐藤圭汰選手は高校生の頃からトラックでは先頭集団で積極的に走る姿勢が印象的です。

先輩、篠原倖太朗選手も負けられない気持ちがありますよね。

実業団の選手と戦うことで一段と強くなることが楽しみです。

どんどん前に出ると思われるので、お見逃しなく。

世界陸上2022 出場権

13分13秒50の世界陸上2022オレゴンの出場標準記録を切っているのは遠藤日向選手だけ。

日本選手権で3位以内で代表内定となります。

世界陸上を狙う他の選手たちは2022年6月26日までに標準記録を突破しなければなりません。

今大会で標準記録と3位以内を取れれば、即内定となるのでここで決めたい選手たちの勝負とスピードに期待します。

箱根一区「空前絶後の区間新記録」を更新した中央大学・吉居大和選手の仕上がりはどうでしょうか。

ラストスパートを磨き上げてきた富士通・松枝博輝選手、塩尻和也選手。

塩尻和也選手は3000mSCではなく5000mということで、こちらも気になりますね。

 

日本選手権陸上 2022 5000m 結果

どの選手もおなじみの顔ぶれが紹介されました。

佐藤圭汰選手は積極的に前へでます。

隣には塩尻和也選手、松枝博輝選手そして服部弾馬選手。

遠藤日向選手以外は、世界選手権に出るために標準記録を突破しなければなりません。

遠藤日向選手は真ん中あたりで様子見か。

2kmすぎて積極的に前に出る塩尻和也選手。

遠藤日向選手がするすると上位へ、3番まで上がる!

塩尻和也選手、松枝博輝選手、遠藤日向選手の順で3000m通過。

かなり縦長、集団が割れる展開に。

4000mで塩尻和也選手が遅れ始める。

残り2週で遠藤日向選手がスピードアップ、付ききれない松枝博輝選手。

ラスト一周はさらにスピードアップして引き離しに!

表情はまだ余裕のまま1位でゴールし、世界選手権出場を決めました。

 

昨年に続き、日本選手権2連覇おめでとうございます。

前回は東京オリンピック出場を決められず、優勝してもうれしくないと言っていましたが、今年は「嬉しくて泣きそう」と言っていたので私が泣きそうでした。

 

1・遠藤 日向 住友電工
2・松枝 博輝 富士通
3・清水 歓太 SUBARU
4・鈴木 塁人 SGH
5・森山 真伍 YKK
6・横手 健   富士通
7・丸山 竜也 トヨタ自動車
8・塩澤 稀夕 富士通

そして富士通、3人も入賞しているところがさすがです。

見どころばかりのレースで、レベルがどんどん上っていくので世界でも競い合えることを楽しみにしています。

 

タイトルとURLをコピーしました