篠原倖太朗(しのはらこうたろう:駒澤大学)中学、高校は?駅伝やハーフマラソンで活躍、注目!!

篠原倖太朗(しのはらこうたろう)選手は駒澤大学陸上部の長距離選手です。
強豪駒澤大学でも活躍する実力は?
中学高校や成績など、プロフィールをまとめました。

篠原倖太朗 中学、高校は?なぜ駒澤大学へ?

篠原倖太朗選手は、山武市立山武中学校から千葉県立富里高校へと進みました。

富里高校を指導しているのは駒澤大学OBの北原慎也さん。

それならば駒澤大学陸上部とは馴染み深いですね。

練習、指導方法が高校と大学と似ていることも、駒澤大学への進学のポイントでもあったと思います。

もちろん、篠原倖太朗選手が今後の伸びを期待されていたこともありますね。

 

千葉県陸上競技選手権大会 1500m優勝

中学ではそこまでの成績ではなかったようですが、高校に入ってから急速に伸びてきました。

これは高校2年の成績です。

 

高校3年時は、コロナウイルスの影響であまり活躍をする場がなかったのですが、駒澤大学へすすむ成績はまちがいなくありました。

千葉県高校駅伝では1区区間2位、1位は駒澤大学同学年の佐藤条ニ選手でした。

その差は1秒。駒澤大学で切磋琢磨するライバルですね。

こんな選手が集まっていれば、篠原倖太朗選手が伸びないわけありません。

5000mのタイムも今では13分48秒57というタイムですが、入学時はなんと14分36秒11でした。

この伸び、すごいです。

努力と指導がぴったりあったのでしょうね。

篠原倖太朗 プロフィール

2002年9月3日生まれ
身長 175cm
体重 56kg
長距離選手では、割と背が高めですね。
すごく目立つ存在ではないのですが、粘り強くいいポジションで走っている印象です。
スピードもあり、10000mも駒澤大学内でも上位成績を取れるようになり、駅伝でも重要なポジションを担っていくと思われます。

篠原倖太朗 1年生で出雲駅伝1区

篠原倖太朗選手は、2021年出雲駅伝で1区を任されました。

序盤では先頭にからむいい位置にいましたがラストでついていけなかったのは残念です。

区間8位、出雲駅伝は距離が短いのでトップと16秒差がやや大きかったか。

大八木監督からも信頼されている選手なので、今後も期待します!

篠原倖太朗 インカレで入賞1500m

篠原倖太朗選手、1年のインカレで2位入賞!

この時に、篠原倖太朗選手って誰?と思った人も多いかなと思います。

(私はそうでした)

近藤康太郎選手と丹所健選手に挟まれてるって、すごいですよね。

まだまだ成長すると思うと、先が楽しみです。

これからも篠原倖太朗選手に注目です!!

タイトルとURLをコピーしました