佐藤圭汰 洛南高校 進路が気になる注目選手の父親は?1500mで高校新記録!5000mなど全てで高校新記録を狙う!

佐藤圭汰(さとうけいた)選手は、洛南高校陸上部の選手です。
春の伊那駅伝2021では区間日本人一位の記録を出し、1500mでは自己記録を更新したりと大活躍です。
高校生3年生になったばかりですが進路も話題の佐藤圭汰選手について見ていきましょう。

佐藤圭汰 洛南高校 進路はもう決まってる?

すでに進路が気になりますが、まだ決まっていない(発表されていない)ようです。

洛南高校の最近の先輩で言えば、三浦龍司選手がいるので順天堂大学?

高校駅伝の高速ランナーをたくさんスカウトする青山学院大学?

駒大、創価大、東洋大、青学大、東海大をはじめ、多くの大学のスカウト陣が高校駅伝に集まったとか。

気になりますね。

佐藤圭汰選手のツイッターもヒントになるのかなと思うので追いかけたいと思います。

何かあれば追記していきます。

 




佐藤圭汰 身長、体重などのプロフィール(圭太ではなく圭汰)

佐藤圭汰(さとうけいた)

京都市立蜂ヶ岡中学校→洛南高校

身長:182cm?
体重:63㎏?

(かなり高身長ですが、まだ縦にも成長してるんでしょうか)

まだまだ成長期の佐藤圭汰選手から目が離せませんね。

佐藤圭汰の父親は?

ネット上の噂では、父親が佐藤清治さんだという噂が流れています。

ですが、これはデマとのことです。

陸上界で活躍した選手の息子さんだったら…という妄想はあると思いますが、どこからでたのか。

ネットでの情報は本当に注意が必要ですね。

日本に佐藤さんがどれだけいるか考えたら…

どちらの方にも迷惑が掛かる可能性がありますので気をつけたいものです。

佐藤圭汰 洛南高校 1500mで高校新記録!

佐藤圭汰選手が、伝説かとも思われるような記録を更新しました。

22年間破られていなかった佐藤清治(佐久長聖)さんの高校記3分38秒49を超える記録達成!

2021年7月17日 ホクレンディスタンスチャレンジ千歳大会1500mで、3分37秒18です

おめでとうございます!

有言実行ですね!

下記の目標を一つ達成しました。

 

佐藤圭汰 洛南高校 1500、3000、5000mで高校新記録を出したい!

佐藤圭汰選手は最後の一年で、1500m、3000m、5000mで高校新記録を出したいと言っています。

ものすごい目標ですね。さらに

「将来は5000メートルと1万メートルでオリンピック、世界選手権で戦いたい。その過程で箱根駅伝にも出場して頑張りたいと思っています」と明確な将来展望を明かした。さらに「5000メートルでは日本人で初めて12分台を出したいですね」

というコメントも出しています。

各種目は距離が違うということで、ペースや使う力が全て違うと思うのです。

でも、最近はマルチに活躍する選手が増えているので期待してしまいますね。

 

歴代高校記録

3000m 遠藤日向選手(学法石川)7分59秒18

5000m 石田洸介選手(農大二高)13分34秒74

1500mは……佐藤清治選手(佐久長聖) 1999年から残る記録で3分38秒49

佐藤圭汰選手が更新する日はいつでしょうか。

 




佐藤圭汰 洛南高校 京都インターハイ2021 1500m、5000m優勝

5000m優勝

2021年6月6日 京都府高校総体陸上(京都インターハイ)5000m

佐藤圭汰選手は大会新記録で優勝!

タイムは 13分55秒98

2位に大差をつけての独走でした。

インターハイではどんな活躍が見られるのでしょうか?楽しみです。

 

1500m 優勝

2021年6月4日 1500m 大会新記録で優勝そして自己新記録

タイムは、3分45秒19 高校歴代2位

こちらも2位に10秒以上差をつけての1位です。

1500も5000mも高校記録まで後少しです。

どの走りにも気迫を感じますね。

 

佐藤圭汰 洛南高校 織田記念陸上5000mの結果は?

2021年4月29日 織田記念陸上競技大会

ノングランプリ5000m 4位 佐藤圭汰  13:42.50 高校歴代4位!!

一周目63秒!! 400mを63秒で入ったということです。はやっ!!

途中でトップに離されますが記録を狙って走っていることがわかりますね。

自己ベストには届かなかったですが、高校歴代4位!次のレースも楽しみです。

佐藤圭汰 洛南高校 金栗記念 1500mで高校第二位記録

2021年4月10日 金栗記念 1500mに出場。

実業団選手、大学生に混じって4着の成績!

タイムは3:40.36で自己ベスト更新、そして高校歴代2位!です。

高校歴代1位の記録は、佐藤清治選手(佐久長聖)が1999年に出した3分38秒49です。

 





最初はペースメーカーの横田真人さんにぴったりとついていき、最後は先輩らのスパートに負けてしまいましたが十分すぎる成績ですね。

ペースについて横田真人さんにリクエストしたようです。

 

最初の2人のダッシュはすごかったもんなぁ…。

2秒縮めるって、大変なことなんだと思います。




佐藤圭汰 福岡クロカン優勝!

福岡クロカン2021、U20 で佐藤圭汰選手が優勝しました。

オープン参加の興国高校のアントニーマイナ選手と最後まで並走、そして抜きつ抜かれつ佐藤圭汰選手がロングスパート。

最後はマイナ選手が抜き返して先着。

ゴール後、悔しそうな佐藤圭汰選手の様子がありました。

二人ともこのときは高校2年生。レベルが高すぎて驚きますね。




佐藤圭汰 洛南高校駅伝

春の伊那駅伝では洛南高校優勝

佐藤圭汰選手は4区。

30秒以上離れてたすきを受けますが最長距離の9.1km区間で日本人区間新記録!

そして洛南高校を優勝に導きました!

これこそエースの走り。一日中ほぼ雨の中のレースでした。




全国男子高校駅伝では洛南高校3位入賞

全国男子高校駅伝2020で、洛南高校が日本人だけのチームでの最高記録を更新しました。

佐藤圭汰選手は留学生が多く起用される4区で5位の好成績。

チームは3位に入賞しました。


2019年(1年生時)には2区区間賞ですから、常に上位を走っています。

走るごとに速くなっている感覚でしょうか。




 

佐藤圭汰選手これからも注目していきます

試合結果など記事のはじめに追加していく予定です。

タイトルとURLをコピーしました