福岡国際マラソン2020 12/6 中止せず開催。招待選手は?参加資格タイムは?テレビ中継時間は?

第74回福岡国際マラソン2020は、コロナによる中止にはせず行われます。
人数など少なくなりますが、マラソンの大会が行われることが一歩前進です。
ロードレースでは先駆けて駅伝が始まっていますので、マラソン大会開催への追風になるのではないでしょうか。




福岡国際マラソン2020 開催 日程は?

第74回 福岡国際マラソン 2020年12月6日(日) 12時10分

平和台陸上競技場スタート(ゴール)

福岡国際マラソン2020 テレビ放送など中継は?

テレビ放送 九州朝日放送、全国テレビ朝日系列

ラジオ放送 KBC・ニッポン放送・STV・東海ラジオ・ABC・信越放送・radikoプレミアム

今のところ、インターネット放送の予定はなさそうです。




福岡国際マラソン2020 招待選手は?

服部勇馬(欠場)トヨタ自動車2時間7分27秒
藤本 拓トヨタ自動車2時間7分57秒
高久 龍(欠場)ヤクルト2時間6分45秒
川内優輝あいおいニッセイ同和損保2時間8分14秒
岡本直己中国電力2時間8分37秒
作田直也JR東日本2時間8分57秒
福田 穣FukuokaAssociation of All Athletics2時間9分52秒
大塚祥平九電工2時間10分12秒

服部勇馬選手は第72回大会で優勝、藤本拓選手は第73回に2位の成績ですので、相性のいいコースではないかと思います。【2020年12月3日追記】残念ですが服部勇馬選手、右腓腹筋痛のため欠場することになりました。

服部勇馬の兄弟とは?実家は弟が陸上を辞めて継いでくれるから陸上に全てを注ぐ。トヨタ自動車から世界へ。
服部勇馬(はとりゆうま)選手はトヨタ自動車陸上長距離部に所属する陸上選手です。 東洋大学から名前を知られているランナー...

 

(藤本拓選手が2位になった同年に優勝したエルマハジューブ・ダザ選手(モロッコ)がドーピングの疑いで出場停止処分になりましたので、今年は招待されません)
【追記2021年5月15日】以下の通り、藤本拓選手が繰り上げ優勝となりました。

 

高久龍選手は、東京マラソン2020で大迫傑選手につぐ日本人2位(総合8位)という力を持っています。MGCにも出場。【2020年11月22日追記】残念ながら高久龍選手、右長内転筋の筋膜炎のため欠場すると発表されました。

川内優輝選手は日本で一番マラソンを走っている、元市民ランナーからプロランナーになった方です。福岡国際マラソンの常連ですね。

岡本直己選手は東京マラソン2020で20位(日本人11位)、MGCにも出場しているベテラン選手です。

作田直也選手は、びわ湖毎日マラソン2020で日本人トップの4位。実業団では駅伝でも活躍していますね。

福田穣選手は、最近プロランナーになり日本人初のケニアNNランニングチームに加入されました。MGC出場。

大塚祥平選手は、MGCで4位、残念ながら代表は逃しましたが補欠選手となりました。

大塚祥平 東京オリンピックマラソン補欠代表 MGC第四位!九電工で活躍のマラソンランナー
MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナリストの大塚祥平選手。中学時代から現在までトップクラスの陸上選手です...

 




福岡国際マラソン2020 エントリー選手は?

注目選手がたくさん出場するのですが、吉田祐也選手(GMO)、大津顕杜選手(トヨタ自動車九州)、デレセ・ワークナー選手(ひらまつ病院)、神野大地選手(セルソース)、寺田夏生選手(JR東日本)、設楽啓太選手(日立物流)、風見尚選手(愛三工業)松本 翔 選手(日税ビジネスサービス)佐藤 諒太 (警視庁)・・・書ききれないのですが。

 

設楽啓太 復活!現在は日立物流。東日本実業団駅伝では区間賞も!ニューイヤー駅伝は何区を走るか?
設楽啓太(したらけいた)選手は日立物流陸上競技部に所属する陸上選手です。 双子の弟・設楽悠太選手(ホンダ)はマラソン日...

 

(風見尚選手は100kmマラソンなど、松本翔選手は現役議員さんですね。佐藤諒太選手は先日、日体大記録会で28分23秒27 を出したところで好調です。その他にも個性あるランナーがたくさんいます。)

 

吉田祐也 福岡国際マラソン2020優勝! GMOで競技継続 陸上競技引退を撤回
吉田祐也(よしだゆうや)選手は、青山学院大学陸上部時代4年生で最初で最後の箱根駅伝に出場。 区間新記録を出しました。そ...

 

エントリー選手が多いので、全部見たい方は下記の「福岡国際マラソンエントリー一覧」をクリックしてください。

福岡国際マラソンエントリー一覧 クリックすると開きます
11 吉田 祐也 GMOインターネット
12 小山 司 SUBARU
13 大津 顕杜 トヨタ自動車九州
14 吉岡 幸輝 中央発條
15 坪内 淳一 黒崎播磨
16 安井 雄一 トヨタ自動車
17 佐々木 悟 旭化成
18 園田 隼 黒崎播磨
19 松本 稜 トヨタ自動車
20 デレセ・ワークナー ひらまつ病院
21 寺田 夏生 JR東日本
22 マイケル・ギザエ スズキ
23 伊藤 太賀 スズキ
24 神野 大地 セルソース
25 竹ノ内 佳樹 NTT西日本
26 須河 宏紀 富山陸協
27 飯沼 健太 SGHグループ
28 鈴木 太基 ラフィネ
29 熊橋 弘将 山陽特殊製鋼
30 セルオド・バトオチル NTN
31 設楽 啓太 日立物流
32 中村 泰之 スズキ
33 大橋 秀星 小平市陸協
34 青木 優 カネボウ
35 風見 尚 愛三工業
36 田中 飛鳥 ひらまつ病院
37 五十嵐 真悟 城西大学クラブ
38 細森 大輔 YKK
39 日下 佳祐 日立物流
40 牧野 冴希 大日本印刷陸上部
41 張 嘉哲 東京陸協
42 永井 秀篤 横浜DeNA
43 大下 浩平 日本製鉄
44 益田 賢太朗 NTT西日本
45 熊谷 拓馬 住友電工
46 有村 優樹 旭化成
47 小田 俊平 コマネチRC
48 四辻 剛 トヨタSC
49 髙橋 雅人 TRACK東京
50 齋藤 拓也 日税ビジネスサービス
51 石田 和也 西鉄
52 森川 翔平 山陽特殊製鋼
53 濱崎 達規 なんじぃAC
54 小泉 雄輝 CUCサポート
55 開上 知弘 金沢市役所
56 後藤 敬 福岡陸協
57 安藤 貴信 大分陸協
58 杉本 隼 滋賀陸協
59 高井 和治 九電工
60 川内 鮮輝 Jaybird
61 柱 欽也 警視庁
62 久本 駿輔 GRlab
63 ポール・クイラ JR東日本
64 山口 純平 ELDORESO
65 柴田 憲志 三重陸協
66 河野 孝志 豊岡RC
67 森 貴樹 モントブラン
68 山田 学 スズキ
69 監物 稔浩 NTT西日本
70 甲斐 大貴 東京陸協
71 門出 康孝 TEAM ITO
72 秋澤 啓尚 ランニング デポ
73 一花 建 ジュピターRC
74 井上 直紀 クラブR2西日本
75 牛山 純一 CITY RUNNER
76 山田 祐生 東京陸協
77 小山 裕太 トーエネック
78 坂本 智史 藤沢市陸協
79 曽宮 道 見次クラブ
80 山﨑 竹丸 まるRC
81 関戸 雅輝 NTT西日本
82 古川 大晃 九州大学
83 岩佐 快斗 平塚市陸協
84 枡本 裕真 東京陸協
85 市塚 遊 さいたま市陸協
86 秋山 太陽 森ビル
87 上田 泰輔 三菱自動車岡崎
88 竹中 俊樹 和歌山RC
89 松本 翔 日税ビジネスサービス
90 塚本 秀志 福岡陸協
91 佐藤 諒太 警視庁
92 サイラス・キンゴリ ひらまつ病院
93 藤原 直樹 山陽特殊製鋼
94 辻川 諒 九州大学

注目したい選手が多いと困りますね。

個性ある選手が揃っていて、見どころがあちこちにありそうなので中継はいろいろな場面を放送していただけるとうれしいですね。

ペースメーカーも国内企業の外国人選手が揃っています

ビダン・カロキ トヨタ自動車
サイモン・カリウキ 戸上電機製作所
ジョエル・ムァゥラ 黒崎播磨
ジェームス・ルンガル 中央発條
ダニエル・キプケモイ 西鉄

こんな情報も見つけました。

 

 




福岡国際マラソン2020 参加資格

福岡国際マラソンにエントリーできるのは以下の成績を持つ選手です。

・マラソン 2時間25分以内(申込者の上位80人まで)
・ハーフマラソン 1時間04分以内(申込者の上位10人まで)

その他、大会主催者が推薦する選手。

福岡国際マラソン コース地図は?高低差は?

福岡朝日国際マラソンコース

平和台陸上競技場
大濠公園~福岡市西南部周回~香椎折り返しの42.195km

コースマップはクリックするとPDFに飛びます。

高低差は10m以内なので平坦なコースです。

主な高低差は橋ですね。

記録が出やすい理由はこういったところでしょうか。

過去には海の中道という砂州を折り返す、海風が強いコースでしたが変更され現在に至ります。




福岡国際マラソンを振り帰る

第73回 福岡国際マラソン2019

藤本拓選手がオリンピック出場を目指して走ったレース。

日本人1位となり2位でゴールしますが、設定タイム(2時間5分49秒)は、残念ながら突破できませんでした。

順位選手名国・所属タイム
エルマハジューブ・ダザモロッコ2:07:10
藤本拓トヨタ自動車2:09:36
福田穣西鉄2:10:33
4ワークナー・デレセひらまつ病院2:10:52
5寺田夏生JR東日本2:10:55
6マイケル・ギザエスズキ浜松AC2:10:59
7伊藤太賀スズキ浜松AC2:10:59
8アブディハキン・ウラドデンマーク2:11:03
12川内優輝あいおいニッセイ同和損保2:12:50
14設楽啓太日立物流2:14:31
15佐藤悠基日清食品グループ2:14:56

レースの流れ

天気は曇り、気温は18.5度。

MGCに出場し、ファイナルチャレンジに挑む選手が出場。

藤本拓選手(トヨタ自動車)、佐藤悠基選手(日清食品グループ)、福田穣(西鉄)。

川内優輝選手は99回目のマラソンとなります。

 

2キロあたり。藤本、福田、佐藤、北島寿典(安川電機)、外国人招待選手で先頭集団。

7キロあたり、藤本、佐藤、市田孝(旭化成)が先頭集団。後方には拓殖大からひらまつ病院に進んだワークナー・デレセが着く。

15キロ、先頭は大迫選手の記録を上回るペース。44分42秒。第2集団、45分5秒、第3集団45分39秒。

23キロ、外国人招待選手が先頭集団から落ち始め、ダザ、デレセ、レイモンドキプチュンバ・チョゲ佐藤悠基、藤本、市田孝。
26キロ、藤本、佐藤悠基、ダザ、デレセの4人が先頭集団。
その後、ダザと藤本がトップ争い。
30キロ、ダザがスパートし藤本離される。藤本が2時間9分36秒。残念ながら東京オリンピック出場の記録には届かず。

第72回 福岡国際マラソン2019

服部勇馬選手がマラソン初優勝した回です。

2位以下を引き離した展開が、完全勝利というとても熱い(気温も暑い)レースでした。

順位選手名所属/国タイム
服部勇馬トヨタ自動車2:07:27
イエマネ・ツェガエエチオピア2:08:54
アマヌエル・メセルエリトリア2:09:45
4設楽悠太Honda2:10:25
5園田隼黒崎播磨2:10:31
6山岸宏貴GMOアスリーツ2:10:42
7福田穣西鉄2:10:54
8佐々木悟旭化成2:11:40
9橋本崚GMOアスリーツ2:11:40
10川内優輝埼玉県庁2:12:03
29神野大地セルソース2:19:28

レースの流れ

気温20℃を超える中、30人以上の集団で5キロを過ぎる。
中間点、天気は曇ってくる。集団は15人、日本人が13人。1時間3分35秒の通過。
33キロ、服部、イエマネ・ツェガエ、メセルの3人が先頭。第2グループは50メートル離れる。
36キロすぎ、給水で服部が仕掛け、ツェガエ、メセルを引き離し単独走に。
ゴール! 服部勇馬2時間7分27秒。日本人優勝は14年ぶり。このレースで服部、山岸、福田がMGCを決めた。設楽悠太は最後追い上げ4位に。

福岡国際マラソン公式ツイッター

福岡国際マラソン公式ツイッター @FukuokaMarathon

試合結果は終了後アップします

 

福岡国際マラソン 2020 スタート

服部勇馬選手、高久龍選手が欠場ということでもし走っていたらどうだったかということを思わずにいられないですが、吉田祐也選手が強そうですね。

ペースメーカーにビダン・カロキ選手がいるので安定して最後までいくのではないでしょうか。

福岡国際マラソン2020 試合結果

優勝 吉田祐也(GMO)2時間7分5秒

2位 大塚祥平(九電工)2時間7分38秒

3位 寺田夏生(JR東日本)2時間8分3秒

吉田祐也 福岡国際マラソン2020優勝! GMOで競技継続 陸上競技引退を撤回
吉田祐也(よしだゆうや)選手は、青山学院大学陸上部時代4年生で最初で最後の箱根駅伝に出場。 区間新記録を出しました。そ...
大塚祥平 東京オリンピックマラソン補欠代表 MGC第四位!九電工で活躍のマラソンランナー
MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナリストの大塚祥平選手。中学時代から現在までトップクラスの陸上選手です...

 

福岡国際マラソン2020 結果はこちらから
111吉田 祐也
YOSHIDA Yuya
GMOインターネットグループ2:07:05
28大塚 祥平
OTSUKA Shohei
九電工2:07:38
321寺田 夏生
TERADA Natsuki
JR東日本2:08:03
422マイケル・ギザエ
GITHAE Michael
スズキ2:08:17
56作田 直也
SAKUDA Naoya
JR東日本2:08:21
625竹ノ内 佳樹
TAKENOUCHI Yoshiki
NTT西日本2:09:31
763ポール・クイラ
KUIRA Paul
JR東日本2:09:57
814吉岡 幸輝
YOSHIOKA Koki
中央発條2:10:13
936田中 飛鳥
TANAKA Asuka
ひらまつ病院2:11:07
105岡本 直己
OKAMOTO Naoki
中国電力2:11:09
1145熊谷 拓馬
KUMAGAI Takuma
住友電工2:11:23
122藤本 拓
FUJIMOTO Taku
トヨタ自動車2:11:27
137福田 穣
FUKUDA Jo
NN Running Team2:11:52
1438細森 大輔
HOSOMORI Daisuke
YKK2:12:24
1513大津 顕杜
OTSU Kento
トヨタ自動車九州2:12:49
1632中村 泰之
NAKAMURA Yasuyuki
スズキ2:12:59
1731設楽 啓太
SHITARA Keita
日立物流2:13:39
1823伊藤 太賀
ITO Taiga
スズキ2:13:46
194川内 優輝
KAWAUCHI Yuki
あいおいニッセイ同和損保2:13:59
2017佐々木 悟
SASAKI Satoru
旭化成2:14:29
2158杉本 隼
SUGIMOTO Shun
滋賀陸協2:15:17
2269監物 稔浩
KENMOTSU Toshihiro
NTT西日本2:15:46
2315坪内 淳一
TSUBOUCHI Junichi
黒崎播磨2:16:13
2430セルオド・バトオチル
BAT-OCHIR Ser-od
NTN2:16:15
2557安藤 貴信
ANDO Takanobu
大分陸協2:16:17
2677小山 裕太
KOYAMA Yuta
トーエネック2:16:27
2771門出 康孝
MONDE Yasutaka
TEAM ITO2:16:29
2879曽宮 道
SOMIYA Toru
見次クラブ2:17:07
2934青木 優
AOKI Masaru
カネボウ2:17:16
3039日下 佳祐
KUSAKA Keisuke
日立物流2:17:48
3135風見 尚
KAZAMI Nao
愛三工業2:18:01
3241張 嘉哲
CHANG Chiache
東京陸協2:18:17
3365柴田 憲志
SHIBATA Kenshi
三重陸協2:18:29
3427飯沼 健太
IINUMA Kenta
SGHグループ2:19:02
3550齋藤 拓也
SAITO Takuya
日税ビジネスサービス2:19:09
3655開上 知弘
KAIJO Tomohiro
金沢市役所2:19:18
3744益田 賢太朗
MASUDA Kentaro
NTT西日本2:19:35
3875牛山 純一
USHIYAMA Junichi
CITY RUNNER2:19:44
3918園田 隼
SONODA Hayato
黒崎播磨2:20:02
4029熊橋 弘将
KUMAHASHI Hiromasa
山陽特殊製鋼2:20:37
4164山口 純平
YAMAGUCHI Jumpei
ELDORESO2:20:39
4287上田 泰輔
UEDA Taisuke
三菱自動車岡崎2:21:01
4342永井 秀篤
NAGAI Hidenori
横浜DeNA2:21:09
4486秋山 太陽
AKIYAMA Taiyo
森ビル2:21:14
4560川内 鮮輝
KAWAUCHI Yoshiki
Jaybird2:21:17
4666河野 孝志
KONO Takashi
豊岡RC2:21:47
4782古川 大晃
FURUKAWA Hiroaki
九州大学2:21:56
4837五十嵐 真悟
IGARASHI Shingo
城西大学クラブ2:22:40
4961柱 欽也
HASHIRA Kinya
警視庁2:23:13
5070甲斐 大貴
KAI Hiroki
東京陸協2:23:22
5152森川 翔平
MORIKAWA Shohei
山陽特殊製鋼2:23:30
5248四辻 剛
YOTTSUJI Tsuyoshi
トヨタSC2:24:12
5354小泉 雄輝
KOIZUMI Yoshiki
CUCサポート2:25:45
5480山﨑 竹丸
YAMASAKI Takemaru
まるRC2:25:59
5574井上 直紀
INOUE Naoki
クラブR2西日本2:26:14
5689松本 翔
MATSUMOTO Sho
日税ビジネスサービス2:26:16
5753濱崎 達規
HAMASAKI Tatsunori
なんじぃAC2:26:56
5851石田 和也
ISHIDA Kazuya
西鉄2:27:04
5972秋澤 啓尚
AKIZAWA Hironao
ランニング デポ2:27:05
6059高井 和治
TAKAI Kazuharu
九電工2:27:10
6156後藤 敬
GOTO Takashi
福岡陸協2:27:51
6278坂本 智史
SAKAMOTO Tomonori
藤沢市陸協2:28:24
6376山田 祐生
YAMADA Yuki
東京陸協2:28:37
6449髙橋 雅人
TAKAHASHI Masato
TRACK東京2:28:38
6590塚本 秀志
TSUKAMOTO Shuji
福岡陸協2:29:28
6684枡本 裕真
MASUMOTO Yuma
東京陸協2:29:33
6747小田 俊平
ODA Shumpei
コマネチRC2:30:45

 




レースの流れ

気温は14℃ほど、晴れ、やや暑いか。

(設楽啓太選手、もう少し後ろでもいいのかなと思ってみたり。初マラソンと同じく吉田祐也選手はひっそりとあとを付いていく体制)

3キロ過ぎ、集団が2つに分かれる。

2分58秒ペース先頭10人ほど日本人、藤本、吉田、福田、大塚、設楽、岡本、設楽啓太、神野、佐藤ら。

3分ペースは後ろの集団。


5キロ 14分56秒


第2集団、岡本、石田遅れ始める。

大塚転倒、第2集団最後尾につけているが大丈夫か?


先頭8キロ通過 2分58秒 先頭集団は13人

佐藤、設楽、監物、高井、吉田、竹ノ内、キンゴリ、神野、藤本、バトオチル

(佐藤選手、復活の設楽選手注目!)

第2集団、大塚足に怪我をしているように見えるが安定してきた様子。


10キロ 29分53秒 5キロから10キロは14分57秒

キンゴリ給水が苦手?給水棄権地帯


11キロ、川内第二集団から遅れ始める。先頭と20秒差。

その後ろに岡本がつく。


12キロまでの1キロは3分3秒

第2集団は20人ほど。福田穣が遅れ始めたか?


佐藤、竹ノ内、監物、設楽啓太、吉田、神野、高井、キンゴリ、バトオチル、藤本

転倒した大塚は第2集団、作田、寺田、福田も第2集団に。


15キロ 44分46秒 5キロ14分53秒


16キロすぎ、先頭集団からバトオチルと神野が遅れ始めた?

トップは設楽、佐藤、吉田、藤本、竹ノ内、キンゴリ、監物

30m後方にキロ3分ペースの第2集団

大塚真ん中あたりに

福田が第2集団から遅れ始める


神野が第2集団に吸収される(ここで休んで立て直すといいとラジオ解説)


20キロ 59分36秒

設楽、キンゴリ、竹ノ内、監物、藤本、吉田、佐藤

(終始最後尾の吉田、初マラソンもこんな感じだった!)

第2集団から神野遅れ始める

(第2集団に寺田、作田がちらちらと見えるのが気になる…)

キンゴリ、少しずつ給水上手くなってきたと褒められる(笑)


中間点 1時間2分54


22キロ 佐藤遅れ始めたか?

(久しぶり二度目のフルマラソンでハーフを過ぎて辛いのかな??)

監物も離れ始める

先頭集団は(ペースメーカーを除き)設楽、キンゴリ、竹ノ内、藤本、吉田の5人


24キロ

設楽啓太遅れ始める

吉田、竹ノ内、キンゴリ、藤本が安定

吉田、前方に位置取りを変える


25キロ 1時間14分32秒 5キロ14分57秒


(またキンゴリが微妙な給水。竹ノ内、給水失敗したけとキンゴリが差し出すなど、今回は給水が気になって仕方ない)

竹ノ内、やや苦しそう


27キロあたり

第2集団 大塚、寺田、大津、作田ら

ここから設楽がさらに遅れている

キンゴリ、藤本、吉田の3人がトップ


28キロ

第2集団 余裕の有りそうな雰囲気

大塚、青木、熊谷、作田、寺田、大津ら


30キロ

カロキが声をかけながら抜ける

吉田前へ、そして藤本前へでてペースを上げる

すぐに吉田もつく

そして吉田がまた前へ、面白い展開


31キロ

2,3秒差吉田前へ

キンゴリレースをやめる

(粘らないの???)

藤本厳しくなったか

吉田単独1位で折り返し、藤本5秒差

第2集団50秒差


あと10キロ

吉田、2分59秒

作田、竹ノ内の前へ3位に上がる

その後ろに大塚、寺田ら


34キロ

吉田、3分ちょうど

何度も時計を見て日本記録を狙っているのか?


35キロ 15分6秒

最後に上げていくペースか?

服部勇馬に勝つタイムを目指してきた

藤本の後ろに近づいてきて追い抜き、作田2位に

その後ろ寺田、大塚も近づいている


36キロ

ペースが3分5にやや落ちる

大塚3位へ

苦しそうになった藤本7位

(吉田は仮想服部と一緒に走っているとGMO花田監督)


38キロ

1,吉田

2,作田

3,大塚(出血しながら激走)

吉田と作田は30秒差

藤本は7位単独走


39キロ

吉田単独1位

作田、ギザエ、大塚が2位グループ

(大塚選手、転倒からの追い上げ!転ばなければと思ってしまう)

作田遅れ、大塚2位に上がる


40キロ 2時間0分15秒

2位とはおよそ50秒差で吉田が先頭

タイムと戦う、吉田は時計を何度も見る

ペースをあげる

42秒差で大塚


41キロ 3分1秒

吉田最後の給水失敗

後ろに大塚が見えてきた

福岡国際マラソンの記録を目指す


ゴール

吉田優勝 2時間7分5秒

大塚、寺田、ギザエ、作田、竹ノ内、自己ベストを続々と更新

クイラ、吉岡、岡本、田中、、熊谷、藤本と続く

 

吉田祐也選手

インタビューがそつなくてニューフェイスとは思えないです

福岡国際マラソン歴代2位のタイムおめでとうございます

そして

みなさんお疲れさまでした。

 




 

 

タイトルとURLをコピーしました