上野裕一郎監督(立教大学陸上部)のすごいところ、日本選手権に出ること、5000mを13分台で走ること、区間記録で走ったこと……

上野裕一郎(うえのゆういちろう)監督。立教大学陸上部の監督は選手と同じように走ります。
学生時代から実力を発揮していましたが、現在は監督として選手を率いる立場になりました。
個性的で華のある上野裕一郎選手を知る人はたくさんいると思います。
2024年を目指し、立教大学を箱根駅伝に導くため奮闘する上野裕一郎監督について書いていきます。



上野裕一郎監督、引き続き活躍中!記録会3000m

2020年12月26日 平成国際大学記録会

3000m6組 1着 8分47秒68

ペースメイクするだけでなく、たぶんその勢いでゴールしたのでしょう!

 




上野裕一郎 立教大学監督は選手より速い!日本選手権出場!

【2020年12月6日追記】
上野裕一郎監督 12月4日 ヤンマースタジアム長居 日本選手権5000m13位 13分45秒28記録や順位を狙っていたわけではないと思いますが、日本を代表する選手として走る姿を見ることができました。
翌日は大学で指導する選手たちの記録会があるそうでお忙しい!!





上野裕一郎監督、13分台で5000mを走ります。

エースで監督か?と言われるほど普通に速い!

こうやって走りながら選手を見てスカウトしたり、引っ張り上げたりしているんですね。

学生や現役に混じってこの記録はすごくないですか?

13分36秒92

日本選手権5000mAの標準記録(13分42秒)を突破していますよ!!!

日本選手権、出ますか????

【2020年11月20日追記】日本選手権12月4日 出場されます!

 

最初は最後方を走っている長身、紺色のユニフォームが上野裕一郎監督です。

中盤、するすると第2集団のトップまであがり、ラスト一周はペースを上げています。

見てください、わくわくします。

 




 

現役時代(今も現役?)のラスト追い込みは今も健在です。

 




↓この少し前の第30回新座市陸上競技選手権大会の記録も、ダントツで監督が速い。

監督という肩書で入賞者に入るのも面白いというかすごいと言うか。

学生時代から型破りな選手でしたが、この、他にはない自由な感じが魅力です。




上野裕一郎 ホクレン レース最後尾からトップへ、そしてスパート

こちらのホクレン士別大会での走りも楽しそうでした。

登場は5000mB組 下記youtubeでは、3時間20分辺りからはじまります。

最後尾からスタートし、突然トップまであがって引っ張るように走り

その後、力尽きたのかと思ったら昔もよくあった「死んだふり」のようでした。

ラスト一周は、現役選手をおいていくスパート。

(死んだふりは、もうだめかという感じで落ちていくのにまた追い込みをかける上野裕一郎監督の必殺ワザだと思っています)

走るのが楽しい、を体現しているようですね。

「こんなふうに走ってみたい」と思わせる、ワクワクする走りだと思いませんか。




上野裕一郎監督 立教大学駅伝部

上野裕一郎(うえのゆういちろう)現在は陸上競技部男子駅伝監督です。

立教大学は第44回大会から箱根駅伝に出場をしていませんが、

2024年学校創立150年に開催予定の「第100回箱根駅伝出場」を目指して白羽の矢が立ちました。

予選会に参加するなど少しずつチームが出来ているようです。

上野裕一郎 佐久長聖 高校時代の恩師は、両角速監督(現東海大)

上野裕一郎監督は、小学校から中学校まで野球をやっていました。

中学時代から陸上部にスカウトされていたようですが野球を優先。卒業するときに先生に高校駅伝部を紹介されました。

そして本格的に佐久長聖高校で陸上をはじめ、高校3年で当時の10000m高校記録で走ります。

タイムは28分27秒39。監督は両角速現東海大学監督でした。

高校時代駅伝記録
2001年 第52回 2区区間賞 佐久長聖5位
2002年 第53回 1区9位 佐久長聖7位
2003年 第54回 1区5位 佐久長聖2位 区間日本人新記録
毎年出走して3年時には日本人新記録。
大学での活躍が期待されていたのがわかります。
寮生活では生活をきちんとすることを教えられたとか。
脱いだ服はたたむなど当たり前のことができないと、走るのも早くならないと(たぶん練習がしっかりこなせないということ?)、厳しくきっちりすることを覚えたと言います。
選手に指導する立場になると、大切なことの意味が本当にわかるようになってきますよね。




上野裕一郎 中央大学で箱根駅伝など三大駅伝で区間賞

上野裕一郎選手は中央大学時代は、以下の通り3大駅伝で区間記録を出すなど活躍しています。
全日本大学駅伝
2004年 第36回 2区3位 10人抜  中央大学3位
2005年 第37回 2区2位 8人抜 中央大学2位
2006年 第38回 3区区間賞 4人抜 中央大学3位
2007年 第39回 4区区間賞 7人抜 中央大学3位
出雲駅伝
2005年 第17回 6区2位 中央大学2位
2007年 第19回 1区区間賞 区間新記録 中央大学7位
箱根駅伝
2005年 第81回 1区19位 中央大学4位
2006年 第82回 3区3位 中央大学8位
2007年 第83回 3区区間賞 9人抜 中央大学8位
2008年 第84回 3区2位 4人抜 中央大学7位

大学に入ってからの駅伝は失敗がありません。

その他、トラックでも5000m13分21秒49を出しています。

トラック、ロードともこなせる選手、速い強い選手、そして長身でなにかと目立つ選手です。

上野裕一郎 エスビー食品からDeNAにてマラソン

卒業後はエスビー食品に入社しましたが、陸上部廃部のため2013年にDeNAに移籍しました。

日本選手権
2009年 5000m優勝 13分41秒04
1500m優勝 3分42秒51
世界選手権(ベルリン)
2009年 5000m日本代表

上野裕一郎選手、雨でもなんでもサングラスを掛けて走っているというイメージでした。

今はかけずに走られていますね。

 

思い出のレースは2つあり、一つはベルリン世界選手権。

全く刃が立たなかったという思い出だそうです。

もう一つは2017年大迫傑選手と走った日本選手権の10000m。

誰も大迫傑選手にはかなわないという雰囲気の中、調子が上がっていたので行けるのではないかと自信を持っていたといいます。

そのとおり先頭を走りますが、最後は及ばず2位でしたが、手応えを感じたそうです。

 

実業団ではマラソンを走りましたが、練習はとてもきつかった。でもその練習で得たものはたくさんあったと言います。

その練習が今のトラックでの最後の一周のスパートにあるのかもしれませんね。

 




上野裕一郎 引退はしていません。

上野裕一郎監督、いつでも走れる準備をしているように思います。

選手たちと記録会で走るためなのか、それとも他の目的があるのか。

上野裕一郎監督は35歳まで走ると言っていました。

今年(2020年)が35歳の年です。

引退レースを走って区切りをつけたい、中途半端に終わらせずレースで競技を終えたい。

奥様からも「納得する形での引退を」と言われたそうです。

5000mを13分で走れる実力があれば、普通に大会出場もできそうですしね。

どのように陸上競技人生に区切りを付けるのか、

楽しく強くをモットーにしている立教大学陸上部監督ですから、きっと最後までファンを楽しませてくれることでしょう。




上野裕一郎 プロフィール。奥さんは?弟は?身長などいろいろ

上野裕一郎(うえのゆういちろう)立教大学陸上部男子駅伝監督

1985年7月29日生まれ
長野県佐久市出身
身長:183cm
体重:58kg

記録
1500m 3.39.52
3000m 7.57.70
5000m 13.21.49
10000m 28.01.71

奥様とお子さん二人?

上野裕一郎監督の弟さんも高校大学とも同じで陸上選手でした。
少し前まではランナーである様子が見られましたが、最近はどうなんでしょう。
きっとどこかで市民ランナーとして走られていることと思います。




上野裕一郎 インスタグラム、ツイッター

上野裕一郎監督個人インスタグラム https://www.instagram.com/yuichiro.ueno/

立教大学体育会陸上競技部男子駅伝チームツイッター https://twitter.com/rikkyo2024

上野裕一郎監督からの言葉
『自分で決めたことは区切りの良いところまで必ずやり遂げる』
『脱いだ衣服は綺麗に整えて畳む』
『指導者を信じてついていく』

走る上野裕一郎監督と2024年箱根駅伝出場を目指す立教大学から目が離せません。

 

★すごい選手シリーズ?★

松宮隆行 2021現役引退 愛知製鋼陸上部プレイングコーチのすごいところ。5000m13分台!
松宮隆行 引退?いえ、引退はされていませんし、まだそんな話はなさそうです。 などと書いていたのに2021年3月3日引退を発表されました。 松宮隆行選手といえば!? そこで出てくる答えがすごくたくさんある人です。 日本記録保持者、...

 




タイトルとURLをコピーしました