松宮隆行 2021現役引退 愛知製鋼陸上部プレイングコーチのすごいところ。5000m13分台!

松宮隆行 引退?いえ、引退はされていませんし、まだそんな話はなさそうです。

などと書いていたのに2021年3月3日引退を発表されました。
松宮隆行選手といえば!?
そこで出てくる答えがすごくたくさんある人です。
日本記録保持者、世界記録保持者、トラックレース、駅伝……
New→日本人初、40歳代で5000m13分台を出すという、衰え知らず。
年齢的には引退の話も聞くことがありますが、まだまだ現役、成績もすばらしい。
毎年、活躍を楽しみにしている人もたくさんいると思います。
兄弟(双子の弟さん)、松宮祐行選手も現役ですので、そのあたりも含めてすごいところを紹介します。



松宮隆行 引退。実業団ハーフ2021がラストラン

ニューイヤー駅伝は駅伝ラストランと言っていたので、なんとなく予想はしていましたが。

とうとう引退してコーチに専念するそうです。

今までたくさん松宮隆行選手のすごいところを書いてきましたが、これからは指導者として磨きをかける姿を追いたいと思います。

第49回実業団ハーフマラソン 松宮隆行 1:04:18 (116位)

素晴らしい記録での引退ですね。

まだまだ走ってほしい気持ちでいっぱいですが、とりあえずお疲れさまでした。

足元はなんと!

Nikeアルファフライ!!

ラストランにこのシューズとは!!

 




松宮隆行 愛知製鋼の6区でニューイヤー駅伝出場、駅伝ラストラン

2021年1月1日 ニューイヤー駅伝 6区出走

40歳の今年で駅伝は最後だそうです。

通算20下位の出場はすごい記録です、おつかれさまでした。

競技はやめられないと思うので、これからもプレイングコーチとして元気な姿を見せてくださいね。

 

 





松宮隆行 愛知製鋼 ニューイヤー駅伝予選会2021

松宮隆行選手 ニューイヤー駅伝予選会2021 6区6位

5位でたすきを受けた松宮隆行選手、5位キープ。

愛知製鋼は5位でニューイヤー駅伝への出場を決めました。

 

松宮隆行選手、2020年はニューイヤー駅伝へのエントリーがありませんでしたが、それまで19年連続出場をしていました。

2021年の復活を待ちたいと思います。

40歳、ニューイヤー駅伝出場は過去にあったのでしょうか。

(調べます)

★松宮隆行選手が出場する可能性が高い、2021ニューイヤー駅伝情報はこちらから★

ニューイヤー駅伝2021 中止せず無観客 ゲスト解説は大迫傑。第65回全日本実業団対抗駅伝競走大会inぐんま開催
ニューイヤー駅伝2021(第65回全日本実業団対抗駅伝競走大会)が開催されます。 ロード競技(マラソン、駅伝)が自粛さ...

 

松宮隆行 愛知製鋼 40歳7ヶ月での5000m13分台は日本人初!!

第3回中京大学土曜競技会 2020年9月26日

中京大学土曜競技会5000m3組 13分40秒26!!

40歳7ヶ月での13分台!

日本人初の快挙です。

進化し続ける松宮隆行選手、すばらしいです。

第3回中京大学土曜競技会




松宮隆行 愛知製鋼 日本記録と世界記録とは?

30キロロードレース世界最高記録と5000m日本記録

2003年 熊日30キロロードレース優勝、1時間28分36秒(世界最高記録)当時
2005年 熊日30キロロードレース優勝 1時間28分00秒(世界最高記録)当時
2007年   ベルギーナイトオブアスレチックス5000m 5位 3分13秒20(日本記録)当時

他にも2006年(第90回)から2008年(第92回)日本陸上競技選手権大会
5000mと10000mを3年連続2種目制覇
(5000mと10000m両方を連続というのは、やはりすごい。距離の感覚が違うので、得意不得意があると言われています)

Embed from Getty Images

敵なしの状態です。
トラック競技もロードレースも両方得意なんですね。

駒沢大学からコニカミノルタに入った宇賀地強コニカミノルタコーチは、強い松宮隆行選手がいるから自分も強くなりたいと進路を決めたそうです。
選手が強いと思う選手だからこそ長い間、第一線で現役も可能なのでしょう。
まだまだ陸上人生が続きそうです。




松宮隆行 ホクレン千歳5000mの記録がすごい

記録しか出ない!
と言われた、先日(2020.7.18)のホクレンディスタンスチャレンジ千歳大会で、松宮隆行選手も密かにすごい記録で走っていました。

松宮隆行選手は、今年(2020年)40歳なんです。
今回のホクレンは感染症予防のため人数制限があり、持ちタイムの都合で出たくても出られない選手がたくさんいたはずです。
そして高校生、大学生、また30代前半の選手と対等に走られている。
年齢の話をするのはあまり好みませんが、可能性を追求し続けることで、年齢を越える結果も出せるのだとわかります。

日本歴代3位の記録を持っている 5000m

日本歴代順位の中に、松宮隆行選手も名を連ねています。
これは2007年に出された記録で、当時の日本記録です。
2020年の時点で歴代3位。

ホクレンにはほとんど出場しているので、毎年の活躍が楽しみです。

 

日本記録? マスターズ40の記録は?

 

 

国内同世代には敵なしということで良いでしょうか?
コンスタントに記録会に出場し、記録を残すというのも選手としての仕事ですが、その記録がすごい。
松宮隆行プレイングコーチ、来年もまた好記録を期待しています。




松宮隆行 愛知製鋼 高校は?年齢は?

松宮隆行(まつみやたかゆき)

・秋田県鹿角市出身

・1980年2月21日生まれ(2020年時点で40歳)

・秋田県立花輪高等学校卒業
→コニカ入社(のちにコニカミノルタ)→愛知製鋼陸上部プレイングコーチ

松宮隆行 愛知製鋼 兄弟は? 弟?

松宮隆行と松宮祐行は双子の兄弟

・兄弟は双子の弟 松宮祐行(まつみやゆうこう)選手
秋田県立花輪高等学校卒業
→コニカ入社(のちにコニカミノルタ)→日立物流陸上部→セキノ興産陸上部プレイングコーチ

松宮隆行選手と松宮祐行選手は双子の兄弟です。
高校卒業後、揃ってコニカに入社。
ニューイヤー駅伝に二人揃って出場したのは3年めの2001年1月で、コニカは初優勝しています。

弟の松宮祐行選手が2013年日立物流へ移籍するまで、同じチームで切磋琢磨しました。
現在まで兄弟そろって、現役選手生活を続けています。

同じ学校、同じ進路ということなのできっととても仲がいいのでしょう。
一緒にオリンピックを目指していたこともあるそうです。

他にもトップクラスに双子ランナーがたくさんいますね。

 

★陸上界で活躍する双子ランナー★

陸上長距離には双子ランナーが多い!箱根駅伝も実業団も。
箱根駅伝をはじめ、陸上競技やスポーツを見ていると「双子の選手」が気になります。 そもそも双子はどのくらい珍しいのか? ...

 

 




松宮隆行とコニカミノルタとニューイヤー駅伝の歴史

コニカ(現コニカミノルタ)ニューイヤー駅伝初優勝メンバー

松宮隆行選手は、コニカミノルタ(当時はコニカ)初優勝の時のメンバーでした。
OB座談会をホームページでみることができます。

スーツ姿も素敵ですね。
他の優勝メンバーも錚々たるメンバーです。

佐藤敏信トヨタ自動車監督
迎忠一JR東日本コーチ
磯松大輔コニカミノルタ監督
松宮祐行セキノ興産プレイングコーチ(弟)
酒井俊幸東洋大学監督
大島唯司JR東日本監督
坪田智夫法政大学駅伝監督
そして松宮隆行愛知製鋼プレイングコーチ

いずれ松宮監督となる日が来るかもしれませんね。




松宮隆行 ニューイヤー駅伝19年連続出場 区間賞も

松宮隆行選手はコニカ時代からコニカミノルタ、愛知製鋼で19年連続ニューイヤー駅伝に出場しています。
残念ながら2020はエントリーされませんでした。
20年連続ならず、残念ですが十分素晴らしい記録です。

 

ニューイヤー駅伝成績

所属区間区間順位記録総合順位
1999年コニカミノルタ
(コニカ)
出走なし
総合21位
2000年
出走なし
総合4位
2001年2区区間2位1時間02分14秒優勝
2002年2区区間賞1時間02分45秒優勝
2003年2区区間2位1時間03分25秒優勝
2004年3区区間6位32分48秒準優勝
2005年2区区間2位1時間02分49秒優勝
2006年2区区間賞1時間02分18秒優勝
2007年1区区間4位34分51秒総合4位
2008年2区区間賞1時間02分28秒優勝
2009年1区区間2位35分41秒総合4位
2010年6区区間賞34分23秒準優勝
2011年3区区間4位38分48秒総合9位
2012年4区区間2位1時間03分25秒準優勝
2013年7区区間賞46分46秒優勝
2014年1区区間15位35分42秒優勝
2015年6区区間7位38分20秒準優勝
2016年愛知製鋼5区区間6位48分18秒総合13位
2017年5区区間9位48分01秒総合13位
2018年6区区間6位36分49秒総合13位
2019年6区区間25位37分31秒総合19位
2020年
出走なし
総合29位

コニカミノルタの優勝の歴史は、松宮隆行選手の歴史と重なりますね。

連続出場の間に二桁順位は2回だけ。
区間賞をとった年はすべて優勝しています。
駅伝男なんですねぇ。お正月に松宮隆行選手の名前を聞くことができないのは寂しいです。
2021年はどうなのでしょうか。
プレイングコーチをされているので、調子が良ければ出場もあるかもしれません。




松宮隆行の靴 北京オリンピック5000m予選「靴が脱げても脱げなくても…」

北京オリンピック代表に選ばれ5000m予選に出場したときにアクシデントが起こりました。
後ろの選手にスパイクのかかとを踏まれ脱げかけてしまい、履き直す時間はないのでそのまま脱いで走り続けます。
残り2000m近くを片足裸足で走る、不安定で足も痛そうですよね。
結果は残念ながら予選敗退でした。

その後、
「靴が脱げても脱げなくても関係なかったと思う。次の機会を目指す」
と、前向きな言葉を残しました。

世界で戦うということは、体調もタイミングも運もすべてが揃って結果がでるのでしょう。
今後も経験を糧に挑戦する言葉に感動しました。

 

Embed from Getty Images




松宮隆行 愛知製鋼 引退?してません(2021.3.3引退発表)

コニカミノルタを退社されたことで引退と間違われたのでしょうか?

世間では退社=引退と思う人もいたのかもしれませんね。

コニカミノルタ→愛知製鋼 現在は選手とコーチ兼任(プレイングコーチ)されています。

松宮隆行 ここがすごい まとめ

・日本人初!40歳以上で5000m13分台! ←New
・40歳現役、そして記録も同世代トップクラス
・元世界記録保持者
・元日本記録保持者
・トラックレースもロードもいける
・ニューイヤー駅伝優勝メンバー
・ニューイヤー駅伝19年連続出場
・元オリンピック代表選手

すごいですよね!!
書いていて本当にすごいと思いました。

松宮隆行選手は、現在はものすごく注目をされる選手ではないかもしれません。

でもつい、探してしまう、そして見つけると安心する。
大きな大会にはいつも出ていて「やっぱりすごい」と思わせてくれる選手です。

これからも走る姿を見ることができますように。
選手とコーチ、どちらも応援しています。

小柄(164〜165センチ?)なのに走っていると大きく見えます。
一番右側です。

Embed from Getty Images

引退を発表されたので、歴史を残しておきます

2003年 23歳 30km世界最高(1.28.36)熊日30キロロードレース
2005年 25歳 30km世界最高(1.28.00)熊日30キロロードレース
2006年 26歳 日本選手権長距離2冠(5000、10000m)
2007年 27歳 日本選手権長距離2冠(5000、10000m)
27歳 5000m日本新(13.13.20)
27歳 世界陸上代表 5000m
2008年 28歳 日本選手権長距離2冠(5000、10000m)
28歳 10000m日本歴代4位(27.41.75)
28歳 北京オリンピック代表 5000m
2020年 40歳 5000m日本人初13分台

長い間お疲れさまでした。

走る姿を見られなくなるのは残念ですが、この偉業は忘れません!!

 

★「すごいところ」が気になる選手が他にもいます★

上野裕一郎監督(立教大学陸上部)のすごいところ、日本選手権に出ること、5000mを13分台で走ること、区間記録で走ったこと……
上野裕一郎(うえのゆういちろう)監督。立教大学陸上部の監督は選手と同じように走ります。 学生時代から実力を発揮していま...




タイトルとURLをコピーしました