MGC出場権(パリ五輪)を取得した選手は?男子・女子マラソン代表を選ぶマラソングランドチャンピオンシップ!パリオリンピックを目指す

パリオリンピック(2024)のマラソン代表を決めるのがMGC。
MGCとはマラソングランドチャンピオンシップの略で、2023年秋に行われる予定のオリンピックマラソンの代表を決めるレースです。
このMGCに出場するためには条件があり、条件をクリアした選手のみ出場できます。

ここでは簡単な説明と出場権を獲得した選手について紹介します。

随時更新

MGC出場権獲得者 男子

それぞれの大会で決定した選手です。

第75回福岡国際マラソン選手権大会

選手名所属大会順位(タイム)自己ベスト
細谷恭平黒崎播磨日本人1位(2:08:16)2:06:35
大塚祥平九電工日本人2位(2:08:33)2:07:38
髙久 龍ヤクルト日本人3位(2:08:38)2:06:45
上門大祐大塚製薬日本人4位(2:08:56)2:06:54

 

第52回防府読売マラソン

選手名所属大会順位(タイム)自己ベスト
神野大地セルソース日本人1位(2:09:34)2:09:34

 

第70回記念別府大分毎日マラソン大会

選手名所属大会順位(タイム)自己ベスト
西山雄介トヨタ自動車1位(2:07:47)2:07:47
鎧坂哲哉旭化成2位(2:07:55)2:07:55
藤曲寛人トヨタ自動車九州3位(2:08:20)2:08:20
古賀淳紫安川電機4位(2:08:30)2:08:30
相葉直紀中電工5位(2:08:44)2:08:44
中西亮貴トーエネック6位(2:08:51)2:08:51

 

第10回大阪マラソン・第77回びわ湖毎日マラソン統合大会

選手名所属大会順位(タイム)自己ベスト
星 岳コニカミノルタ1位(2:07:31)2:07:31
山下一貴三菱重工2位(2:07:42)2:07:42
浦野雄平富士通3位(2:07:52)2:07:52
丸山文裕旭化成4位(2:07:55)2:07:55
岡本直己中国電力5位(2:08:04)2:08:04
今井正人トヨタ自動車九州6位(2:08:12)2:07:39
川内優輝AD損保9位(2:08:49)2:07:27

★川内優輝選手はワイルドカードワイルドカード(対象2レース平均2時間10分以内)で出場権獲得

 

 

東京マラソン2021(2022)

選手名所属大会順位(タイム)自己ベスト
鈴木健吾富士通日本人1位(2:05:28)2:04:56
其田健也JR東日本日本人2位(2:07:23)2:07:23
湯沢  舜SGホールディングス日本人3位(2:07:31)2:07:31
聞谷賢人トヨタ紡織日本人4位(2:07:55)2:07:26
土方英和Honda日本人5位(2:08:02)2:06:26
佐藤悠基SGホールディングス日本人6位(2:08:17)2:08:17
定方俊樹三菱重工日本人18位(2:08:33)2:07:05
田口雅也Honda日本人25位(2:09:27)2:09:27

★定方俊樹選手と田口雅也選手はワイルドカード(対象2レース平均2時間10分以内)で出場権獲得

 

 

JMC(ジャパンマラソンチャンピオンシリーズ)2021

2020年12月~2022年3月の対象大会の結果ポイントで決まるJMCが始まり、初回チャンピオンは鈴木健吾選手(富士通)となりました。

JMCで8位以内に入るとパリオリンピック選考会MGCへの出場権が得られます。

今回決まった選手は以下の通りです。

選手名所属大会順位(タイム)自己ベスト
吉田祐也GMOJMC5位2:07:05
井上大仁三菱重工JMC7位2:06:47

吉田祐也選手 総合ポイント 2527pt(1354pt+1173pt)
井上大仁選手 総合ポイント 2513pt(1295pt+1218pt)

 

 

MGC出場権獲得者 女子

第41回大阪国際女子マラソン大会

選手名所属大会順位(タイム)自己ベスト
松田瑞生ダイハツ1位(2:20:52)2:20:52
上杉真穂スターツ2位(2:22:29)2:22:29
松下菜摘天満屋3位(2:23:05)2:23:05
谷本観月天満屋4位(2:23:11)2:23:11
阿部有香里しまむら5位(2:24:02)2:24:02
佐藤早也伽積水化学6位(2:24:47)2:23:27

 

 

東京マラソン2021(2022)

選手名所属大会順位(タイム)自己ベスト
一山麻緒ワコール日本人1位(2:21:02)2:20:29
新谷仁美積水化学日本人2位(2:21:17)2:21:17
森田香織パナソニック日本人3位(2:27:38)2:27:38

 

 

 

名古屋ウィメンズマラソン2022

選手名所属大会順位(タイム)自己ベスト
安藤友香ワコール日本人1位(2:22:22)2:21:36
細田あいエディオン日本人2位(2:24:26)2:24:26
鈴木優花大東文化大学日本人3位(2:25:02)2:25:02
福良郁美大塚製薬日本人4位(2:25:15)2:25:15
太田琴菜日本郵政グループ日本人5位(2:25:56)2:25:56
竹本香奈子ダイハツ日本人6位(2:26:23)2:26:23
岩出玲亜千葉陸協日本人8位(2:27:03)2:23:52
川内理江大塚製薬日本人10位(2:27:52)2:25:35

★岩出玲亜選手と川内理江選手は、ワイルドカード(対象2レース平均2時間27分以内)で出場権獲得

 

 

JMC(ジャパンマラソンチャンピオンシリーズ)2021

選手名所属大会順位(タイム)自己ベスト
和久夢来ユニバーサルエンターテインメントJMC8位2:26:30

和久夢来選手 総合ポイント 2362pt(1202pt+1160pt)

 

MGC出場権獲得条件とは?

以下のように男女で対象となる大会が決まっています。

■MGC進出条件
男子
G1:1~3位+2時間10分以内、4~6位+2時間9分以内
G2:1位+2時間10分以内、2位~6位+2時間9分以内
記録(1本):JMC加盟大会および対象国際大会2時間8分以内
記録(2本):JMC加盟大会および対象国際大会2時間10分以内
シリーズ1・2 各ランキング上位8名

女子
G1:1~3位は2時間28分00秒、4~6位は2時間27分以内
G2:1位+2時間28分以内、2位~6位+2時間27分以内
記録(1本):JMC加盟大会および対象国際大会2時間24分以内
記録(2本):JMC加盟大会および対象国際大会2時間28分以内
シリーズ1・2 各ランキング上位8名

共通国際大会:2022オレゴン世界選手権8位以内、2022杭州アジア大会3位以内

 

G1、G2とは?

大会のグレードが決められていて、最高はグレードS、ついでグレード1,2,3となります。

ワイルドカードとは?

大会やシリーズごとに出場条件が決められています。

例えば、2つの大会での合計タイムの平均が設定されたタイム以内、指定された大会で決められた順位以内などの条件を満たせば出場決定など。

詳しくはこちらから

 

指定大会は?

男子

  • G1:第75回福岡国際マラソン選手権大会
  • G1:第70回別府大分毎日マラソン
  • G1:第10回大阪マラソン・77回びわ湖毎日マラソン統合大会
  • G1:東京マラソン2021
  • G2:第52回防府読売マラソン大会

女子

  • G1:第41回大阪国際女子マラソン大会
  • G1:東京マラソン2021
  • G1:名古屋ウィメンズマラソン2022
  • G2:第10回大阪マラソン・77回びわ湖毎日マラソン統合大会
タイトルとURLをコピーしました