激坂王2021 箱根駅伝につながる仮想5区!エントリーする大学生は?

激坂最速王決定戦2021@ターンパイク箱根 とは?が開催されます。
昨年は箱根駅伝に出場した選手が多数参加していましたが、今年は参加者がいるのでしょうか?
仮想5区として走るという話もよく聞きますし、昨年は創価大学の三上選手が優勝し箱根でも活躍をしたのでさらに話題になるのではないでしょうか?

昨年の激坂王2020についても書いています、こちらからどうぞ

激坂最速王決定戦2020@ターンパイク箱根、館澤亨次(DeNA)青山学院飯田貴之&竹石尚人他

激坂最速王決定戦2021@ターンパイク箱根 とは?

箱根の急坂を駆け上がる(ピストンの部は下りも)、景色はとてもきれいだが坂がきつくて激しいレースとのことです。

聞いただけで呼吸がつらくなりそうです。

日時 2021年11月13日(土)
場所 神奈川県アネスト岩田ターンパイク箱根ピストンの部 27km
登りの部 13,5km
ウオーキングの部

注目はもちろん登りの部です!!

激坂王2021のゲストランナーは?

登りの部のゲストには、神野大地選手(セルソース)、館澤亨次選手(DeNA)、上田瑠偉選手(プロランナー)らが登場!

神野大地選手は三代目山の神、館澤亨次選手は山もトラックも走れるマルチな選手ですね。

上田瑠偉選手は今年、スカイランニング世界選手権でメダルをとっています。

大村一さん(塩尻市役所)は、法政大学のOBで箱根駅伝出場時には5区で競り合ったとか。

ぜひみなさんの走る姿を見たいので、ネット中継があるといいのですが。

 

激坂王決定戦が話題な理由は箱根駅伝?

昨年の激坂王2020は、箱根駅伝往路優勝のゴールを飾った、創価大学の三上雄太選手が優勝しています。

ということで、仮想5区と言われるようになったのでしょうか?

以前から青山学院の陸上部はここで走っていたようなので、やはり目立つ結果、選手がいることによって有名になったようですね。

激坂王2021への参加大学は?

2021も青山学院をはじめ、創価大学、東海大学、さらに他大学も参加検討中ということです。

エントリーが発表されるのを楽しみにしています。

昨年の激坂王2020についても書いています、こちらからどうぞ

激坂最速王決定戦2020@ターンパイク箱根、館澤亨次(DeNA)青山学院飯田貴之&竹石尚人他

激坂最速王決定戦2020@ターンパイク箱根、館澤亨次(DeNA)青山学院飯田貴之&竹石尚人他選手が参戦
激坂最速王決定戦@ターンパイク箱根が2020年11月21日(土)に開催されます。 この大会はどんな大会なのでしょうか。...

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました