福士加代子 結婚や家族は?現役ラストランは大阪ハーフマラソン2022。日本記録、出版情報も!

福士加代子(ふくしかよこ)選手は女子陸上界ではいろいろな意味で別格な選手ですね。
福士加代子選手とはどんな人なのでしょうか?
実力はもちろん、明るい性格や他の選手からの尊敬や憧れは計り知れません。
引退を決められた福士加代子選手の引退試合や家族、インタビューなどで聞くことのできる名言などたくさんの魅力について紹介します。

福士加代子 結婚相手の旦那様は? 家族は?

福士加代子選手は2017年に結婚されました。

お相手は6歳年上ということですが、どんな方か具体的にはわかっていません。

ですが下のツイッターを見ると、合宿に合流したとのことですので、陸上関係者かもしれませんね。

そしてこのツイートからは、テレビ中継の関係者? と思われる言葉が。

もしかしたら引退後にわかるかもしれませんね。

両親と兄

福士加代子選手の家族は、ご両親とお兄さんがいます。

ご実家は青森の理容院、お兄さんは福士加代子選手とお顔がとても似ているとか。

そして家族はとても仲が良いそうです。

いつも笑顔で周りを明るくするのは、きっと楽しい家族だったからはないかと思います。

福士加代子 引退。ラストレースは大阪ハーフマラソン2022

福士加代子選手はカッコいい選手でした。

引退という言葉を使わず「第一線を退く」というようなことを言っていました。

引退というとプロ選手という感じがするそうです。

本当に笑顔で走り、悔しささえも笑いながら語る本当に素敵な選手でした。

現在活躍中の選手が「福士加代子さんの記録を破りたい」「福士加代子さんのような走りをしたい」と言うような目標としたくなる選手なのです。

速く走れても、順位が悪くてもいつも笑顔で「アハハ」。

走るのを楽しんでいるし、走りを見ている側も元気になれます。

22年の選手生活を続けるのは大変なことだったと思いますが、これからも陸上に関わっていかれると思うので、その笑顔を見たいですね。

速いおばあさんになりたいと言っていたのが福士加代子選手らしくて楽しいです。

 

「福士加代子」という書籍を出版

現役引退と同時にその名も「福士加代子」というタイトルの本を出版します。

日本記録、オリンピック出場、トラックやマラソンの思い出や両親、後輩ランナー、恩師らがコメントをしていて、メンバーがとても豪華。

その中には一山麻緒選手や新谷仁美選手、田中希実選手、小林祐梨子さんらが取材されているようです。

また、サイン本の予約も受付中とのことです。

なくなり次第終了とのことなので急いで予約を。

 

 

福士加代子の日本記録は?ハーフマラソン、3000m、5000m

福士加代子選手は頭角を表すと「みちのくの爆走娘」という二つ名をつけられたほどのスピードランナーです。

長年破られない記録を持ち続け、他の女性ランナーのあこがれの選手でした。

残念ながらここ数年で記録は更新されましたが、その実績は歴史に残るものばかりです。

 

■2003年 3000m 8分22秒0の日本新記録(2020年田中希実選手・豊田自動織機TCに破られるまで18年
■2005年 5000m 14分53秒22の日本新記録(2021年東京オリンピック2020決勝の廣中璃梨佳選手(日本郵政グループ)に破られるまで16年
■2006年 第60回香川丸亀ハーフマラソン 初のハーフマラソン 1時間7分26秒の日本新記録で優勝(ヒューストンハーフマラソン2020優勝の新谷仁美選手に破られるまで14年

 

どの選手も「福士加代子選手越え」を目指してきたのです。

ここまで長年の記録をもっているので、レジェンドと言われるのも当たり前ですね。

 

福士加代子の駅伝は?

福士加代子選手は都道府県対抗駅伝には9回出場、そのうち6回区間賞をとっています。

すごいですね!

2004年には青森県ふるさと選手として出場、9区区間新記録を出し、2022年までその記録は破られていません。

 

その他、22年間の選手生活でたくさんの駅伝に出場してきました。

「駅伝ってなんか走れちゃうよね」

と、駅伝を楽しんでいる福士加代子選手の姿は、いつでも注目されてきました。

ワコールでの駅伝はフル出場です。

駅伝は走るときは一人だけどチームの競技、そのメンバーに福士加代子選手がいることで他の選手は心強かったと思います。

そういう選手がいるチームは、一体感がありますね。

最後の駅伝となった都道府県対抗女子駅伝では、ゴールで待つ仲間たちが福士加代子選手を待っていました。

 


福士加代子のオリンピック出場歴

日本選手権の女子10000mで2007年まで6連覇しオリンピックには4大会連続で出場しています。

東京オリンピック2020は、マラソンMGC(グランドチャンピオンシップ)に出場しましたが残念ながら出場は叶いませんでした。

2004年アテネ大会 10000m
2008年北京大会 10000m
2012年ロンドン大会 10000m
2016年リオオデジャネイロ大会 マラソン
それでも、陸上長距離で4大会連続オリンピック出場は日本女子では福士加代子選手だからできたのではないかと誰もが思っているのではないでしょうか。
これから先は、シューズや栄養面などが研究されてもっとすごい選手が出てくるかもしれません。
福士加代子選手は、年齢的に同じ選手体験をした先輩がいない中で頑張ってきたとのこと。

今では当たり前になった食事やウエイトコントロールなど、選手として長く続けるために、いろいろ試行錯誤をされていたのかもしれませんね。

福士加代子のマラソン記録は?

福士加代子選手の初マラソンは2008年、大阪国際女子マラソン。

30kmすぎて急失速しm競技場に入る前と競技場に入ってから3回転倒、ふらふらになって完走しました。

(低血糖か脱水症状のように見えました)

結果は19位、お母さんが「やめさせて!」と何度も叫んだそうです。

ですがインタビューでの福士加代子選手は「面白かったかな」とコメントしていたのに驚きです。

その後、2013年の第32回大阪国際女子マラソンで初優勝しモスクワ世界選手権の代表をつかみ、3位を獲得。

2016年にはリオオリンピック代表になります。結果は14位でした。

2020年の東京オリンピックを目指しましたが、マラソン、10000mともにかないませんでした。

 

年月大会順位記録備考
2008年1月27日第27回大阪国際女子マラソン19位2時間40分54秒初マラソン・北京オリンピック選考レース
2011年10月9日第34回シカゴマラソン3位2時間24分38秒日本女子トップ
2012年1月29日第31回大阪国際女子マラソン8位[注釈 5]2時間37分35秒ロンドンオリンピック選考レース
2013年1月27日第32回大阪国際女子マラソン優勝[注釈 6]2時間24分21秒マラソン初優勝・世界陸上モスクワ大会選考レース
2013年8月10日2013年世界陸上モスクワ大会3位2時間27分45秒銅メダル獲得・日本女子トップ
2014年9月28日第41回ベルリンマラソン6位2時間26分25秒日本女子トップ
2015年10月11日第38回シカゴマラソン4位2時間24分25秒日本女子トップ(上位6人中福士以外の5人はアフリカ勢)[61]
2016年1月31日第35回大阪国際女子マラソン優勝2時間22分17秒日本女子最初の五輪派遣設定記録突破・マラソン自己記録
リオデジャネイロオリンピック選考レース
2016年8月14日リオデジャネイロオリンピック14位2時間29分53秒日本女子では最高順位
2019年1月27日第38回大阪国際女子マラソンDNF途中棄権35.5Km地点でリタイア
MGCシリーズ第7弾(東京オリンピック選考会)
2019年3月10日名古屋ウィメンズマラソン20198位2時間24分09秒MGCシリーズ第8弾・MGC出場権獲得
2019年9月15日マラソングランドチャンピオンシップ20197位2時間33分29秒
2020年1月26日第39回大阪国際女子マラソンDNF途中棄権25Km過ぎでリタイア
2020年3月8日名古屋ウィメンズマラソン2020DNF途中棄権30Km過ぎでリタイア

福士加代子 プロフィール

福士加代子(ふくし かよこ)

1982年3月25日生まれ
(ディープインパクトと同じだと増田明美さんが言っていた!ついでに不破聖衣来選手も同じ)
身長 161cm
体重 45kg
血液型 A型
青森・五所川原工業高等学校→ワコール(2000年〜)
ニックネーム 福ちゃん、かよぴー
得意種目 5000m、3000m

ディープインパクトと同じ誕生日だから速いのかー…

なんて、はちゃめちゃだけど納得してしまったりします。

知れば知るほど、福士加代子選手は別格なんだとわかりますね。

あの笑顔の裏側も、書籍に書かれているのだろうか?

 

陸上を始めたきっかけは友達の誘い

高校生の時に友達の誘いで初めてからもう22年続けていますが、どんなところが好きかと言うと、レースで他の選手を抜いた時の喜びとか、勝った時の達成感かな。勝った時の喜びがもう1回味わいたくて続けているかなと思います。

あるあるなんですが、誘ったがわより誘われたがわの方の人がすごくなる!っていうパターンですね。

誘ってくれた友達には感謝しかないです。

福士加代子の記録

1500m 4分21秒61
3000m 8分44秒40
5000m 14分53秒22
10000m 30分51秒81
10km 31分57秒
ハーフマラソン 1時間07分26秒
マラソン 2時間22分17秒

 

これからの福士加代子選手の活躍を期待します。

なにかおもしろいことをしてくれそうで、選手生活を終えてからも楽しみですね。

 

タイトルとURLをコピーしました