平林清澄(ひらばやしきよと)めっちゃ細くてかわいい!身長、体重は?出身や中学校などのプロフィール。國學院大學 箱根駅伝、出雲駅伝で快走!

平林清澄(ひらばやしきよと)選手は國學院大學の陸上長距離選手です。
出雲駅伝2021では1年生ながらアンカーを託されルーキーらしからぬ強気な走りをみせてくれました。
國學院大學史上、最強の新入生とはどんな選手なのでしょうか。
気になる身長、体重などのプロフィールから紹介します。

 

平林清澄 かわいいインスタをどうぞ!

黒い服が平林清澄選手です。

かわいい〜、視線もあざとかわいい〜。

 

平林清澄 身長や体重などのプロフィールは?

平林清澄(ひらばやしきよと)

2002年12月4日生まれ
福井県越前市出身
武生第五中学校→福井県立美方高校
國學院大學 経済学部経営学科 陸上部所属
身長:167cm
体重:43kg
中学時代はバトミントン部!
両親が陸上競技をしていたので市民マラソンに出ていたところ、美方高校の先生にスカウトされたそうです。

すごく細身で、強風の多いロードでは飛ばされてしまうのでは? と思ってしまいました。

でもそんなことはありません。

次でも紹介しますが、駅伝で活躍をしてきました。

平林清澄 中学校、高校の成績は?

武生第五中学校時代

両親が陸上競技をしていた影響で小学生のときから市民マラソンに出場していたという、平林清澄選手。

武生第五中学校は全校生徒が30人程度という、とても小さな規模で部活動はバドミントンと卓球しかなかったそうです。

そんな中で出場した駅伝大会は、メンバーをあつめた即席チームだったようですが駅伝の楽しさを知り、声をかけてくれた美方高校へ進学します。

美方高校時代

強豪校、美方高校へ進学した平林清澄選手。

同期に強いライバルがいて、さらに入学時の成績は20数名中下から2番目

そこからライバルに勝つために練習を積み重ね、駅伝の代表を掴みました。

 

名門、美方高校で代表になるだけでもすごいことですね。

全国高校駅伝
2018年 3区36位
2019年 1区22位
都道府県駅伝
2019年 5区25位
2019年 5区42位
福井高校駅伝
2020年 1区2位

 

平林清澄 日本学生ハーフマラソン2022で優勝!

平林清澄選手、1年生で日本学生ハーフマラソン優勝という快挙です!

後続を引き離す、スパート。

1時間1分50秒。

 

國學院大學の1年生と3年生がワンツー。

2位は中西大翔選手。

8位には2年の伊地知賢造選手もいて、各学年にエース候補がいるチームとなりました。

駅伝シーズンが楽しみです。

 

\★中西大翔選手についてはこちらから★/

中西大翔 双子の兄、唯翔とのタスキリレーがみたい!國學院大學 5000m10000mで國學院記録更新のエース!
中西大翔(なかにしたいが)選手は國學院大學の陸上中長距離ランナーです。 高校時代から活躍し、箱根駅伝でも注目を集めルーキーから次期エースへと実力をつけています。 そんな中西大翔の活躍や兄弟のことなど調べてみました。

平林清澄 出雲駅伝2021大会唯一のアンカー1年生

平林清澄選手は國學院大學の新エース候補に名乗りを上げました!

国学院大学の先輩、浦野雄平選手に憧れて入学したとか。

平林清澄選手なら、浦野雄平選手と同じように活躍できるでしょう。

1年生ですでに出雲駅伝エース区間のアンカーを任されているなんて、将来を期待されています!

 

一時は2位まで順位を上げましたが、最後は他大学の先輩たちに抜かれてしまいました。

それでも順位を上げる走りは見事でした。

しっかり駅伝ファンには名前を覚えられましたよ。

 

平林清澄 全日本大学駅伝 7区

1年生の平林清澄選手ですが、大学駅伝2戦目の全日本大学駅伝ではエース区間の7区で出場。

そしてなんと区間3位の成績です!

スーパールーキーですね、本当に強いです。

田澤廉選手、近藤幸太郎選手に続く3位とは速すぎますね!

箱根での活躍も期待しています。

 

平林清澄 箱根駅伝2022 9区

箱根駅伝2022 9区を走った平林清澄選手。

9区区間2位 1:08:07 歴代4位 1年生歴代1位 

と、素晴らしい走りです。

本人は1番をとりたかったんだなぁ。

当たり前だけど、その気持ちが来年からの3年間に向かうと思うとワクワクしかないですね。

國學院大學の前田監督も期待

強くなりたいという気持ちの強い選手だと国学院大学の前田監督が言っていました。

後はレースでの勝負の仕方、例えば前方で勝負するのか、様子をみて勝負をするのかなど経験値を上げていくことが必要なのかなと思います。

 

大学に入ってからも順調に記録を伸ばしていますね。

大学の雰囲気や練習が合っているのでしょうか、のびのびと走っているようです。

4月 日体大長距離競技会10000m 28分38秒88 自己新記録
7月 ホクレンディスタンスチャレンジ網走大会10000m 28分38秒26 自己新記録

 

練習が大好きで、厳しくなればなるほど鳥肌が立つほどだそうです。

楽しんで走れる選手は強いですね。

でも怪我だけは気をつけてほしい。

 

これからも期待の平林清澄選手の走りを応援します!

強い国学院大学のエースとなって、前田監督をまた胴上げしてほしいです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました