厚底シューズ

おすすめ情報

箱根駅伝シューズ事情 ナイキ一強からアシックスの逆襲がはじまる2022?

2021年の箱根駅伝では選手のシューズがナイキで溢れていました。 (2020年もそうでしたが) ナイキ一強と思われる市場ですが、他のシューズもこのままではいられません。 ここではアシックスの新作に注目しています。 オリンピック開催や...
おすすめ情報

陸上 厚底シューズ禁止 一覧!メーカー別リスト『2021年12月25日追記』【2021年3月19日現在】トラック使用可能なシューズは?

【2021年12月25日追記】 2024年11月1日より、陸上競技のすべての競技用シューズのソールの厚さを20mmにすること。 このスケジュールは、メーカーが20~25mmのソール厚のスパイクシューズに多大な投資をしていることを踏まえ、...
おすすめ情報

箱根駅伝2021 厚底シューズ ナイキ以外のブランドを履いていたのは?なんとasicsは…

圧倒的シェア、210人中201人が履いていたナイキ。 Nikeがこんなに広まっているのはなぜなんでしょうね。 そしてそれ以外のシューズを履いていたのはわずか9人。 その選手が誰だったのか、何を履いていたのか見ていきましょう。
ルール

厚底シューズが禁止に!陸上トラック競技規制 使えるシューズは?計り方は?【随時更新なので最新情報確認必須】

トラック種目でもナイキのスパイクや厚底シューズと言われるナイキ・ヴェイパーフライなどで走る選手が増えていますが、そこに規制がはいりました。 来年のオリンピックにはまだ時間があるので心配はしていませんが、今までの、これからの記録にどう関わっ...
タイトルとURLをコピーしました